注文住宅の拘るポイントはどこだと思いますか?

氷川台エリアで注文住宅を建てることは決まっていたので、始めは自分達の理想の家が出来る!とウキウキだったのですが、実際に打ち合わせを進めて行く中で、生活動線など素人には分からない事が多く、希望が通らず、結局は担当者さんの言われるがままに決められてしまうという感じがして、段々と腑に落ちない気持ちになりました。
予算の事もあり、諦める事の方が多く、段々と気持ちが沈んでいったのを覚えています。

同じように注文住宅で建てたいろんな友人、知人に実際に図面を見てもらい、沢山のアドバイスをしてもらいました。
コンセントの数や位置、電気の数、床の色、壁紙の種類など、実際に生活をしてみないと分からない事、失敗した事など、本当に細かい所までいろいろと相談しました。
建てる前に凄く拘っている事も、実際に建てて住んでしまえば、そんなに拘らなくても良い事だったり、逆にあまり気にしていなかった所が、住んでみたら重要な部分だったり、聞いて良かった事が沢山ありました。

家はやっぱり暮らしやすい事が一番です。
実際に住んでみてどうなのか。拘るポイントを履き違えてないか、よく考えてみて下さい。周りから見てどうかではなく、住んでる人が心地良いかどうか、だと思います。