リフォームの時に少しだけ増やしたい防犯の鍵

リフォームの際にまず考えたのが防犯です。田舎ならば大丈夫という安心は最近のニュースを見ても明らかですが、やはり時代と共に気を付けていきたいところだと思いました。

駐車場ひとつでもシャッターがあった方が良いだろうなと思うことも多々あったものです。

備えあれば憂い無しという心の持ち方で重要視しました。

リフォームの際に身内にしかわからないようにするなど、外見をぱっと見ただけではわからないようなデザインにするなど考えました。

自身が昔、不審者と思わしき人物に声を掛けられたことから来ています。

田舎だから近所に人もいるだろうと思って単独行動をよくしていたことが原因なのかもしれませんが、それでも恐怖には変わりありませんでした。

それからは家までつけられたりしていたらどうしようなど不安でいっぱいでしたので、出来る限り防犯に努めようと思ったのがそれからです。

鍵を増やしたりカーテンを厚くしたりと対策には若いながらに考えました。

犯罪に関しては都会も田舎も関係ないんだなぁと何度も意識し直しています。

犯罪も少なくありません。自分は大丈夫と思わずに防犯対策にも取り組んで頂きたいです。

誰かが居る場合も居ない場合も含めて対処を出来る環境にすることは大切だと思います。

購入されるという前提があるので、やはりご家族がおられる方が多いと思います。

自分の身を守れることがご家族も守れる環境に繋がると思っていただきたいです。

PR|住まいの増築、改築をするなら|